2016年10月16日

学校での友達の作り方

学校での友達の作り方
tomodati.jpg
小学校や中学校では、校区分けやクラス分けなどが、子どもの希望とは関係がなく、ある程度機械的に行われます。

そのため、気の合う子ども・合わない子どもなどがどうしても生まれます。

最近は、友達の作り方がうまくいかない子どもが、いじめの対象になってしまったり、不登校になってしまったりする、というケースもあります。

そのため、親のほうが子どもの「友達の作り方」に過敏になっているケースもあることでしょう。

また「少人数学級のほうが、先生が子どもに細やかに目を配れるのでいい」という意見と「少人数に分けると、子どもがいろいろな人と出会うというチャンスがなくなるので、程度問題だ」という意見とがあり、小学校・中学校での友達作りというのは、子どもだけではなく、さまざまな立場の大人が、真剣に考えていることが分かります。

高校や大学に進学してしまうと、そもそも「なぜこの学校に来たか」という動機が、子どもにとっても明確な部分もあり(学業成績によるとか、部活をしたかったからとか)、仲間意識が生まれやすいかもしれません。

また、親からの分離をする時期でもありますので、友達の作り方というのは、本人自身の責任へと変わってくる時期といえるでしょう。
ラベル:友達の作り方
posted by deai at 11:08| Comment(0) | 友達の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。